なぜ たばこ増税が必要のか?

たばこ増税を検討というニュースが出ています。

喫煙者の減少で増収にならない可能性や葉タバコ農家や喫煙者の反発…

この問題も確かに一方ではあると思うのですが、私は基本的にたばこ増税は
有望な選択肢かと思います。

記事にもあるように、先進国の平均価格はだいたい(1箱)600円で、日本はいま半額だ。…

そして、たばこ税を1本あたり1円増税すれば、500億円近くの増収が見込める…

先進国並みの600円とまではいかなくても、少しずつ上げていくことで
推移を見ていくことも妙案ではないかと推論します。

たばこ税を1本あたり1円増税で500億円であれば、5円増税で2,500億円。

たぶん、これくらいのアップであれば、そんなに喫煙人口は減少しないと考えます。

何せ、喫煙を習慣とされている方は、そうそう簡単にたばこをあきらめきれないはず…(苦笑)

鳩山首相もたばこを吸わないので前向きとか…

私もたばこを吸わないので、喫煙者からはお叱りを受けるかもしれません。

ところが吸う人の権利もあれば、吸わない人の権利もあります。
e0009772_12262941.jpg

吸わない人が喫煙者の煙を吸って、健康被害を被る受動喫煙の問題があります。

吸う人は自らの意思決定で煙を吸う・吸わないの決定ができるのに対して、
吸わない人にとっては、それぞれの意思に関係なく、お構いなしに煙を吸ってしまいます。

趣旨の良し悪しは別として、たばこ税には周りの環境に配慮して吸うべきであって、
それでもあえて吸う場合には、環境美化の観点からの徴収の必要性も
考慮されるべきではないでしょうか!

たばこも吸いすぎると、肺がんをはじめ様々な健康リスクの一因となります。

祖父はヘビースモーカーで、応接間のキャビネット全てがショートピースで埋まっていました。

小さい頃、そこからたばこを出して、祖父のところへ持っていくのがいわば日常的でした。

その祖父もやはり、肺がんで亡くなりました。

知らないとはいえ、今思えば、間接的に肺がんの発症を助長してかもしれません。

そんなことから、たばこ税には環境美化と並んでがん撲滅対策に当てることも
考えれば、喫煙者、非喫煙者双方にとっても意味のあるものになると思います。

吸いすぎ抑制、税収の増加…

喫煙を楽しんでいる方々もいずれは高い確率で喫煙による健康リスクを負うことに…

そう考えれば、喫煙者にとってもたばこの増税は長期的観点からも必要性をご理解していただけるのでは…

ただし、たばこの吸いすぎ同様、税金の無駄使いにはなりませんように…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-10-31 12:20 | 社会問題