ビタミンCの摂取をこまめに…

活性酸素についてのお話をしていますが、
抗酸化能力の高い栄養素は何といってもビタミンC

ビタミンCはしかも手軽に食品から摂取できるようになっています。

果物にはビタミンCがかなりの確率で入っています。

この季節になるとミカンなどの柑橘類やリンゴにもビタミンCが豊富。
e0009772_1425498.jpg

前回も述べましたが、自然ってうまくできているなあと思います。

温暖な気候では常緑樹のみかんの緑色の葉っぱにオレンジ色のみかんが、
寒冷な気候の地域では真っ白な雪に映える深紅のりんご…

まるで、目に見えないビタミンCに色と形をつけ、我々に可視化できるように…

風邪が流行るちょうどその頃、おいしく味わえることでしっかり
ビタミンCの補給ができるようになっているのです。

りんごや柑橘類のビタミンCは熱に弱いのですが、
芋類やかぼちゃに含まれているビタミンCの周りは
デンプンで覆われているため、熱に強いビタミンCなのです。

つまり、料理で加熱しても壊れないビタミンCなのです。

ドイツ人、イメージではビールにポテト料理で一見ビタミンCとは
無関係なようですが、ポテトでしっかりビタミンC。

冬至にかぼちゃも寒さをしのぐのに必要なビタミンCを補う生活の知恵。

お父さん方が焼酎や酎ハイにすだちやかぼすをぎゅっと搾るのも
ビタミンCとお疲れを解消するクエン酸補給にとって効果的。

ビタミンCは抗酸化力には威力はあるものの、持続力がない。

過剰摂取すると尿に排出されるものの、強いストレスを感じると
あっという間に消費されてしまう、つまりその瞬間に活性酸素が
暗躍して、様々な障害を引き起こすことに…

だから、イザという時に備え、こまめにビタミンCを摂取する、
そして疲れたなあと思ったら少し多めにビタミンCを摂取する。

この時期、身近にみかんなどを摂取することも大切なことだと思います(ペコリ)
e0009772_13495872.jpg

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-11-15 13:42 | 野菜のソムリエ