事業仕分けは万能か?

日々、事業仕分けの報道を見ていると、民主党が自らのマニフェスト実現のために、
どこから予算を捻出しようかと考えているように思えてならない。

確かに今までの官僚任せによる無駄遣いがあった面も否めない。

また、補助金の捻出に精通している人間の主張が通っていたことも否めない。

その点、公開にして、アンフェアを少なくしようと見えるところは正しいと思える部分もある。

そして、採算性、合理性の観点から考えるのも一面では正しいように思います。

ただ、一見採算性に問題があると思われる事業でも、遠く未来を見据えると、
後世になって、正しい事業であったということもあります。

少なからず、ほとんどの人が恩恵を受けている東海道新幹線!
e0009772_22303851.jpg

以前にも申し上げましたが、十河総裁や島技師長の遠い将来を
見据えた交通体系を考え、当初計画をはるかに超える膨大な
予算を必要とされ、責任を問われることは覚悟の上での断行!

新幹線生みの親がテープカットせず、テレビで開通式典をご覧になられていたことには敬服。

たぶん、今の仕分け人の方々の技量で当時を判断されていたならば、
おそらく東海道新幹線は生まれていなかっただろうし、日本の経済発展も
ここまではいかなかったと思います。

ましてや日本の新幹線を売り込んで日本の技術力を売り込むなんて
夢か幻になっていたと思います。

国立大学の研究施設についても国際水準から見ると貧弱。

天下の東大、京大も以前から例外ではないという事情を
実際、関係者の方から伺ったこともあります。

このままでは優秀な頭脳はますます海外流失することになるでしょう!

戦後すぐに湯川秀樹博士を招いたブリンストン高等研究所みたいな
世界の頭脳が集まる施設を作ると、モノも人も集まってきます。

モノも人も集まってくるということはそこに産業が生まれるということです。

そこをそれこそ政治判断する、いやできるのが政治家ではないでしょうか?

今の事業仕分け人を見ていると、モノを生み出したり、売りに行ったことのない、
帳面とにらめっこして、経費削減=命のケチケチ経理マンのねちねちとした
意趣返しの官僚いじめみたいな気もします。

官僚を身びいきする気はさらさらありませんが(笑)官僚もバカじゃないので
何でも見直し、廃止して、自分たちのマニフェスト予算作りに終始する
民主党とその息のかかった方々の仕分けはいかがかなものかなあ…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-11-26 22:03 | ウラを読み解く?