アルコール消毒のスプレー

今日、百貨店の玄関での出来事でした。

最近、市役所や百貨店等、人の集まる施設の玄関に
テーブルにおかれたアルコール消毒のスプレー容器を
よく見かけます。
e0009772_23283241.jpg

このアルコールスプレー関連のビジネスはこの間まで
フル操業しても注文が追いつかないくらい特需が
あったようです(今どき、景気のいい話ですが)

いつも、目にすると、アルコールスプレーで手を
消毒することにしています。

とその時、入り口の椅子に座っておられた初老のご婦人が
私にお声をかけられたのです。

あのスプレーは何のために置かれているのですか?

そりゃ、分かっている人にとったら、何でもないことでも、
分からない方にとっては説明が必要ですね!

すかさず、そばを通りかかった咳エチケットを守らない人間、
咳エチケットを守っていても、くしゃみや咳をふさいだその手で
ドアノブを触っておられる人間が運よく通りかかっているのです(笑)

その人たちが通りすぎるのを見て、そのご婦人に
あの方々が万が一インフルエンザに感染していたら、
そこで他の人がドアノブを触ったり、椅子にウイルスが
付着していたら…

その部分を手で触って、その手で顔を触ったり、目をこすったりすると
粘膜からウイルスが侵入して、感染する可能性があるのです。

その手についたウイルスを素早く取り除くことが大切で、
そのためにアルコール消毒のスプレー容器が置かれています。

そのような説明をしている矢先、またまた高校生が咳エチケットを
守らずに通過していきます。

不適切な表現かもしれませんが、ホント、彼らはバカですよね!

罹患する割合が一番高いとデータが出ている中高生が
実に咳エチケットを守っていない、教師も悪いのか、はたまた親も悪いのか…(苦笑)

そんなこともあわせてご説明申し上げると、
笑いながら説得力がありました!とお褒めの言葉!

アルコール消毒のスプレーに話を戻しますが、せっかく置かれていても、
その趣旨が徹底されないと効果が100%とはいえません。

大体のところは“消毒にお使い下さい”くらいのメッセージしかない。

もっとB4かA4のポスターでイラストといっしょに趣旨と使い方の
告知型ポスターでもあればなあと思います。

そうしないと、インフルエンザ感染防止の観点から、せっかくの設置がもったいない!

厚生労働省でも、都道府県でも、賢明なる市役所でもいいので、
PDFファイルかホームページで簡単にプリントアウトできる説明用の
配布物を作ればいいのになあと思います。

いったんチラシを印刷してしまうと、後で修正が出たら困りますが、
PDFチラシならその都度、修正できるので結局のところ
無駄をなくして、効果があがると思いますがいかがですか

あれっ!気がつくと最後はPDFチラシの話題に…(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-11-30 23:30 | インフルエンザ