お笑いで町おこしをしよう!

先日、樋渡市長のブログのタイトルに思わず腰を抜かしそうに…(笑)

“佐賀からM1グランプリファイナリストを出そう”

このインパクトは強烈ですね!

ブログでも提案者の藤瀬さんがお書きになっておられましたが、
“感覚的に理解できる首長はあまりいらっしゃらない”

なるほど!なるほど!これもうなづくところが大きい!

記事に賛同しながら読んでいて、ふと思ったのが、高槻ジャズストリート

今や、ゴールデンウィークの高槻に人が集まってくるからスゴイ!

最初に企画されて、ここまで作り上げた北川さんはこれまたスゴイ!

そこで、高槻がジャズなら、武雄は“お笑いで”対抗したら…

スイマセン!こんな発想を勝手にして…(汗)

樋渡さんのブログにコメントするとご迷惑をかけるかもしれないので
ひっそりとこのブログで提案をしてみることにしました(苦笑)

“佐賀からM1グランプリファイナリストを出そう”

この機運を盛り上げるべく、武雄の街全体をお笑いでいっぱいにする、
武雄わくわくお笑いフェスティバル!

プロ、アマ問わず、町のあちこちの会場でお笑いライブをやる。

そして各会場で行なわれるライブをYou Tubeで配信する。

街かどに投票箱を設置して、インターネットでの投票も受け付けて
上位10組くらいを選び、フィナーレ会場でライブをやらせる。

フィナーレ会場は武雄温泉の象徴、武雄温泉館が最適!
e0009772_19514598.jpg

これまたYou Tubeで配信する。

紅白の審査方式みたいに観客と審査員とネット投票でグランドチャンピオンを選ぶ。

そのチャンピオンをM1グランプリに“おらが代表”としてバックアップする。

M1ファイナリストを送り込む過程で、しっかり武雄にお客を集客する仕組みができればなあ…と

運営費用負担やスポンサー、運営スタッフの確保、武雄にどうやって若手芸人を来てもらうか
色々とクリアーすべき課題はあると思いますが、実現できれば面白いと思います。

お笑いを政策にまで引き上げることのできる市長なんて、樋渡さんしかいない!

そしてこんな提案をしても今の武雄のパワーなら実現することを信じてしまうのである。(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-01-14 19:52 | まちおこし