定置網式戦略のススメ

結論から申し上げると、ビジネスにおいて流行を追いかけるだけではいけない!

確かに、時流に乗ることは戦略として間違いではないと思います。

流行りだしたら、その流れに沿って、利益をとる。

短期間でかつ、リスクの少ない方法としては選択肢のひとつ。

ただ、過熱感に振り舞わされて追いかけてばかりしていると
時には火傷(やけど)を追うこともあります。

具体的なことを申し上げると、売れると思って仕入れた在庫が
売り上げが急降下し、不良在庫になったり、相場ではまだ上がると
思った株を高値で掴んでしまい、一気に急落して為す術なし(苦笑)

そんな時に偉いなあと思うのが、定置網漁でしっかり稼いでいる漁師さん!

どこでもかしこでも網を仕掛ければいいというのでは坊主の連続。これじゃ困る。

やはり、魚がしっかり回遊してくるスポットに定置網を仕掛けて獲物を待つ。
 
しょうがブームで業績のいい永谷園はブームの1年前からしっかり準備。
 
情報を収集して、分析して、しっかりとした見通しを作る。

その見通しにしたがって、用意周到に準備しておく。

そして、いざ出陣という時に臨戦態勢に臨めるように定置網を仕掛けておく。

不況、不況といわれる昨今ですが、歴史は繰り返すように、少しずつ
形を変えながら、テーマは循環してくるように思います。

登り鮎は掴み損ねても、好機を待って落ち鮎を仕留めるべく待ちかえる術もある!
 
そこに定置網式戦略は有効かなあ…しみじみ考えています。

それをあっちのお姉さん、こっちのお姉さんの尻を追いかけているとどっちつかず(苦笑)

もっとも、人に言われたことをオウムのごとく振りかざしたり、、速やかに伝達すべき情報を
ほったらかしにしているようなことでは、定置網を仕掛ける云々以前のお話ですが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-20 21:40 | ビジネス