忘れられたる頃来る

天災は忘れられたる頃来る。

物理学者で随筆家である寺田寅彦の名言。

ゴールデンウィークも近づいていますが、
昨年のゴールデンウィークと言えば…

そう、新型インフルエンザ騒動です。

たぶん、新型インフルエンザなんて多くの方の
脳裏から消え去っていると思います。

何だかんだと言っても、大したことなかったのでは…

その気の緩みこそが最も危険!

新型インフルエンザに意思があるとすれば、
この警戒感の緩みはもっけの幸い。
 
最近あまりニュースにはなっていませんが
学級閉鎖のところもあるのです。

大洲の小学校で新型インフル /愛媛

インフル季節性を今季初確認 高根清里小で19人感染 山梨

一方ではインフルエンザ終息宣言を出している自治体もあるが、
昨今の異常気象、寒暖の差の大きさ、4月からの環境に
慣れだしてそろそろ疲れが出てくる時期に差し掛かっています。
 
あくまで動物的カンですが、新型インフルエンザも含め、
ゴールデンウィーク近辺で天災みたいなことが起こる予感が…

アイスランドの火山爆発、中国青海省の地震…
予知できないことが起こっています。

日本でも浅間山や三原山や富士山だって分かりません。

上海万博で繁栄を謳歌している中国でも今後何が起こるか分かりません。

ところが新型インフルエンザは個人の心がけ次第で、
感染拡大防止ができる災害です。

心がけ次第で防げることには気を配るべきです。

そんな戒めも含めて、天災は忘れられたる頃来る(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-04-22 20:20 | インフルエンザ