想像を絶する釜揚げちりめん

ちりめんじゃこがおいしい季節になってきました。

そして、ちりめん、いわゆる“しらす”と言って思い出すのが
高知 中田遊亀商店さんの“釜揚げちりめん”
e0009772_2334375.jpg

これはもう絶品中の絶品!

昨年、メルマガでもご紹介させていただきました。

今回、改めてブログ用に記事を書こうかなあ!と思いましたが…

我ながら、メルマガの文書がうまく書けているのではと思い(苦笑)、
メルマガをご覧いただいていない方にもご紹介する意味もあって
そのままを掲載させていただくことにしました。

以下は昨年のメルマガからの抜粋です。

思わず口の中で数えてしまう、旨味と存在感たっぷりの釜揚げちりめん!

釜揚げちりめんが想像を絶するほど、こんなにおいしいとは…(驚)

おそらく多くの方は中田遊亀商店さんの釜揚げちりめんを召し上がって
いただくと、こんなご感想を漏らされるのではと推察するくらいのおいしさ。

普通、釜揚げちりめんを食べても、一体何匹食べたのだろうか?
こんなことを思ったりはしません。

ところがこの釜揚げちりめんはそう思ってしまうくらい、一匹ずつ
ふわふわしているけれど、しっかりとした味わいがあります。

なぜ、こんなにおいしいのか?その秘密を探ってみたいと思います。

まずは、海から揚がったしらすを長年の目利きで選んで、新鮮な状態から
すぐに大きな釜で茹で上げることにあると思います。

中田遊亀商店の本店の前は高知県南国市の海
ここの漁場は、物部川の加工に近く、ここで獲れるしらすは
良質のプランクトンをいっぱい吸収して育ちます。

そのしらすも鮮度のいいうちに、さっと釜揚げにすることで
存在感のあるしらすになるのです。

次に味のよさはしらすを茹でている時にしらすから出る出し汁!
それに讃岐産の天然塩でうす塩仕立てにすることで、
しらす自体の風味を引き立たせています。

ふわふわ、ぷりぷりの存在感に、しらすから出る出し汁と
控えめなうす塩味が他にはない、極上の釜揚げちりめんを
生み出すのです。

あったかい炊き立てのご飯にこの釜揚げちりめん!

これ以上の贅沢ってないのでは…そんな思いにさせてくれる逸品です。


一度味わってみたい!と思われたら中田遊亀商店さんのホームページへGO!
by mitsuketai | 2010-05-01 23:03 | おいしいものアーカイブス