四角いたいやき

最近、あちこちでたいやきのお店がオープンしています。

一時ブームだったのが白いたいやき。

ところが白いたいやきのブームも一過性だったような気がします。

今回ご紹介するのは“しろい”ではなく“しかくい”たいやき。
 
普通、たいやきって、あのお魚の形をしていますよね!
 
ところが、このたいやきは真四角なんです。
e0009772_2127539.jpg
 
それが東京 吉祥寺にお店がある天音(あまね)のたいやき。
 
尻尾まであんこが入っていないと物足りない…
 
ところが、この天音のたいやきは周囲の部分はあんこが
入っていないのですが、パリパリとした皮のある本体部分に
しっかりとしたコクのある、黒糖風味の小豆あんが入っているので
物足りなさは感じません。
 
四角いふちの部分は通称“ハネ”と呼ばれ、ハネ付きたいやきと呼ばれているとか…
 
確かに形のユニークさも特徴ですが、その真骨頂はパリパリとした皮の風味と
どっしり、しっかり、コクのあるあん。
 
色や形でのユニークな特徴も本来のたいやきの味の部分がしっかりしないと意味がありません。

一過性のブームで終わるのか、ロングセラーになるのか、ここが勝負の分かれ目では…(ペコリ) 

たい菓子本舗 天音(あまね)の情報はこちらをどうぞ!
by mitsuketai | 2010-05-03 21:28 | おすすめスイーツ