朝食は食べない?

先週、とある会社で不肖この僕が、食についての勉強会の講師を仰せつかった。

フルーツジャムを中心に、果実、糖、ペクチン、酸をめぐる科学的なメカニズムや
野菜のソムリエらしく(笑)いちごや柑橘についての知識も交えて
約1時間20分の講義を…
e0009772_19182028.jpg

通夜、葬儀、その後の処理といったハードスケジュールの合間を
縫って、レジメやOHPの資料作成で正直バテバテ…

こういう勉強会を引き受けることはしんどい反面、もう一度原点に
立ち返って知識を整理できるとともに、どうすれば相手に理解して
もらえるように伝えることができるかを再認識できることには意義が…

その講義の中で、糖の話の中で、ブドウ糖の役割や脳の活動には
大量のブドウ糖を消費するといったことを説明。

その内容に絡んで、朝食を食べてくる人は挙手を…とお願いしたところ

約20名の若手社員の出席者の中でわずか3名…

正直なところ、唖然としてしまいます。

時間がなければバナナ1本に牛乳でもいいのですが、それすら…

講義の際に、眠たそうにしておられた方は脳へのブドウ糖不足か
それとも、やはり僕の講義がつまらなかったのか…(笑)

今、教育現場でも職場でも、朝から頭がぼんやりして能率が上がらない人が多いと聞く。
 
地方の国立大学ではひとり暮らしの学生に生協が朝食会を実施しているとも…
 
朝食の重要性と午前中の頭の回転や能率の関連性。
 
あらかじめ同じくらいの能力の人を朝食を食べた人、食べない人の2つの群に分け、
簡単な計算問題をやらせる実習と講義みたいなものを高校生や大学生相手に
実施してみてもいいのではなかろうか(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-06-06 19:18 | 野菜のソムリエ