数字ってなんだ!

ギリシャの財政危機にはじまり、ハンガリーは前政権がなんと粉飾決算。

ギリシャも数字の報告にトリックがあり、実体とはかけ離れていたとか…

南欧を中心に、まだまだ爆弾を抱えている国もある。

フランスやドイツといった国も金融機関が問題のある国の国債や
投資債権を多数保有していることもあり、そこに信用不安が発生すると飛び火する…

日本の国債のGDP比はずば抜けて高いが、ほとんど国内の
投資家によって保有されているため、グローバル的な不安にならないだけだとか…

年金の問題にしても、ずさんな管理で年金漏れが発生している。

よく経済効果とか言われる数字にしても、正直誰にも正確さなんて分からない。

年金問題を見てもお分かりのように、日本の行政の発表数字だって
100%保証できるかどうかなんて分からない。

いわば言ったもの勝ち的な面もある。

確かに数字を示すと説得力がある反面、その数字にピンとこないこともある。

難しい数字を羅列したり、誰もそれが正確か分からない数字をあたかも
錦の御旗のごとく振りかざす人や団体もある。

才人は難しいことを分かりやすく、凡人はわざと難しく…(苦笑)

そんな場合、理解できない数字ならその内容を分かるまで発信者に
質問してみてもいいだろう。

それを分かりやすく説明できないとしたら、その発信者も正確に理解できていないかも…

難しい数字とあきらめていては、相手の思うツボかもしれない(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-06-11 23:54 | 教え