介護保険の保険

昨晩、住宅総合保険をお願いしている代理店の社長に
自宅にお越しいただき、保険の更新の打ち合わせ。

生命保険、個人年金の税額控除は従来、最高5万円、
これがそれぞれ最高4万円となり、新たに民間の介護保険
4万円が税額控除となる話から介護について議論沸騰。

最近は民間の介護保険に入る人が増えてきたらしい。

しかもかなりの金額の保険に入る人が増えてきているようです。
 
介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設なら
月額の個人負担は5万円~6万円。
 
ところがなかなか施設の空きがないため、グループホーム等になってくると
18万円~20万円の経費がかかります。 
 
それに色々と用意するものを含めると月額25万円もかかってきます。

年間にすると300万円、5年間介護するとなると1,500万円

その間、入退院を繰り返すと、目に見えない経費も含めると相当の出費になります。

これに葬式を家族葬でこじんまりとしても150万円~200万円

5年間の介護をすると、ざっと2000万円の費用がかかる計算になります。

当然、年金だけではまかなうのもなかなか…

介護が終わってしまうと、金庫も米びつも空っぽなんてことに…
 
目に見えない家族の物心両面の負担も相当なものになってきます。
 
そこらあたりが保障の範囲であり、保険料の算定基準になるのでは…
e0009772_22283458.jpg

保険代理店の社長さん曰く、リアリティーがありすぎる(苦笑)
 
4年半、介護と入退院の繰り返しを家族として対応してきた実感でもあります。
 
これに合わせて、介護保険が負担している費用も要介護度が
増えるにしたがって、これまた相当な経済的負担がなされています。
 
そこまで話が進んでくると、介護って大変で、介護費用のことを
考えると、民間の介護保険に入られる方が増えてくるのも理解できると… 
 
本音を申し上げるならば、介護で身も心も財布もくたびれて
現役世代にとっても、介護を受ける世代にとっても不安が募るばかり…

本気で社会保障の内容と範囲、その財源を真剣に考えなきゃいけない時代なのかもしれません(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-06-22 22:28 | ウラを読み解く?