中国にもついに人手不足の波が…

巨大な人口を抱える中国で人手不足なんて…

正直なところ、最初は耳を疑いました。

ところがどうやら真実のようで…

しかも複数のルートから相次いで情報が入ってきていますので
事情は相当深刻な様子。

いわゆる3K、きつい現場では人手不足が顕著なようです。

農業の分野や農産物、食品加工などの現場も例外なく…

日本で安売りしているフルーツ缶詰の大半は中国からの輸入。
 
その缶詰工場も人が集まらなくて、操業がきびしいとか…

要するに、学歴もついてきた若い世代は楽で、かっこいい職場を求め、
かっこよく稼げない職業は極端に人手不足になってくるのです。

中国の安い人件費や原料を使って100円そこそこで
買うことができたフルーツ缶詰もそのうちにそんな
値段で買えなくなってくるかもしれません。

日本が毛嫌いしている中国産農産物も高級品を作って
栽培管理もきちんとして中国国内市場へとシフトを変えつつあります。
 
手をこまねいていると、日本の高級農産物もあと10年くらいで
中国が最大のライバルになる可能性だってあります。
 
中国にシフトを移して、日本国内の食品産業、とりわけ
零細中小の生産者や加工メーカーの生き残り施策を
講じないと、食べるもの=食糧が確保できなくなるかも…(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-08-08 15:41 | 食の安全&表示