残暑お見舞いはいつまで

今日も暑い1日でした。

大阪市では37℃を超え、豊中市ではとうとう38℃を超えました。

この暑さの記録更新はいつまで続くのか?

残暑お見舞いはいつまで…(笑)

ちなみに残暑お見舞いの期間は下記のようになっています。

立秋(8月8日)~処暑(8月23日)~白露(9月8日)の前日まで
 
長期予報では9月も残暑が続くと言われています。 
 
まあ、僕の勝手な動物的カンでは9月15日~20日前後に
季節の分かれ目、転換点が来るような予感がしています。
 
それも急に涼しくなるような… 
 
株価も原油価格や為替などの相場モノも大変だと騒ぐ時には
まるで1本調子の如く、ぐんぐん上昇していきます。
 
ところがある日突然、暴落することがあります。 
 
世の中、同じことは案外、継続しないような気がします。
 
上昇の度合いが多いほど、その反動も大きいのが世の常! 
 
ひょっとして為替と気温の変動に相関関係なんてないのかなあ(苦笑)
 
地球環境を破壊し続けている我々人類よりも
地球はもっと大局的に対応を考えているかもしれません。
 
これだけ猛暑が続くと、人類に地球温暖化を真剣に考えさせるきっかけに…
 
その反対に寒くなると、氷河期の心配をさせる。
 
実際、氷河期の前には今以上に地球の温度は上昇していたとか…
 
まさに表裏一体、諸行無常、最後尾を走っていたかと思うと
風向きが変わって、一転、先頭になることも考えられる。
 
世の中の事象はようわからんけど、だから面白いのかもしれない(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-08-29 20:06 | 独断の法則シリーズ