予感まさに的中でした!

予感まさに的中でした!

スーパー耐性菌を国内初検出…インド帰りの男性

8月17日のブログでこんなことを書きました。
緊急提言!新型耐性菌への防疫体制を急げ!

心配する必要はないという専門家のニュースがありましたが…

8月17日のブログでも以下のことも指摘していました。
日本では感染例の報告がないと言うが、その状況判断は非常に甘い!

その後、続々と感染例が…
 
やはり状況認識は甘かったと思います。  
 
鎖国の時代と違って、世の中のどこかで顕在化した事象は
もう既に世界全体に広がっていると考えた方が賢明。 
 
その反面、医療施設で病室に入室する際、備え付けのアルコール製剤による
手指の消毒やマスクの着用はあまりにも徹底されていません。

今年なくなった父親の度重なる入院で使い捨てマスクと携帯の
アルコール洗浄剤は常に携行していて、今もその習慣は続いていますが、
昨今、どこの施設を見ても備え付けのアルコール製剤すら使われている光景を見ません。

そもそも、気づかず素通りしている人の多いこと(苦笑)

インフルエンザ騒動の時にはあれほど騒いだのに…

専門家による防疫体制もさることながら、市民に対する衛生管理に
関する啓蒙教育も徹底させる必要があります。

それも難しい内容ではなく、手指の洗浄、消毒、マスクの着用等
身近で簡単にできることの徹底に尽きると思います。

ひとりのスーパー専門家より市民ひとりひとりの意識の改革。

小さなことで誰でもできることであっても、多くの市民が
きっちり徹底させることができれば大きな力となります。

蔓延する国と終息する国との差はおそらく市民の意識にかかっているように思います。(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-09-09 20:35 | 社会問題