人は何のために生きるのか?

人は何のために生きるのか?いや人は何のために生かされるのか?

何だか宗教家の説教みたいですが…(苦笑) 

最近思うことはズバリ!自分が誰かのお役に立てること。

しかも過去、現在、未来の時間軸で考えることが必要。

誰かのお世話になることがあっても、過去に誰かのお役に立っていたこと。

おかげさまで自分が人のお役に立てる立場にあるありがたさを感じる現在。

今は無理だが、いつかは誰かのお役に立ちたいという志。

ここのところ、たくさんの方々に助けていただいています。

困った課題について、一面識もない僕が不躾にもメールや
FAXを送ったり、お電話をおかけしたりしているにも関わらず、
親身になって色々アドバイスやご教示、ご支援をいただいています。
 
おそらく自分が反対にその立場に立ってもそこまで出来るだろうか…?

先日も東京の権威ある先生に不躾にもFAXをしてしまいました。

お休みにも関わらず、お電話を下さり、しかも長時間にわたって
ご丁寧にアドバイスをいただき、大阪の関係者をご紹介いただけるという
急展開に僕自身が驚きと感動!
 
困った時に、助けていただくことがどれほどうれしいことでしょう!
 
しかも何の面識もないので、断られても当然のところ、
信用して、親身になって助けていただくことは感動以外の何物でもありません。

ニュースを見ても殺伐としたことが多く、周囲を見回しても
誠心誠意相手のことを思って接しておられる方もいらっしゃれば
いかにもずる賢く振舞うことに斟酌しない方もいらっしゃいます。 
 
でもよく考えてみれば、どちらが気持ちがいいのかは簡単明瞭! 
 
誰かのお役に立てること=自分も感謝されれば気持ちのいいこと。 
 
この気持ちのいいこと=脳は快楽を記憶し、更なる気持ちのいいことを求める。

頭の上っ面ではごまかせても、脳や心は正直に判断される仕組みになっているらしい。

おそらく素晴らしい生き方をされている成功者はこの流れが分かっているように思う。

しかも目先の利益にこだわらず、もっと先の大きな成果が回りまわってくることも…

相手の気を悪くしたり、ストレスを感じさせることはそれを発している者にとってもマイナスになることも…
 
頭では理解できても、身体に染み込むには相当の修行が必要なことも確か。

かくありたいと思いながら、一歩ずつ、日々反省、日々精進(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-11-02 22:38 | 教え