エンドファイトって知ってる?

農業でエンドファイトが注目されている。

 エンドファイトとは…「エンド」は内側、「ファイト」は植物のことで、
植物の内部に入り込む微生物という意味。

種類が多いので総称としてエンドファイトと呼ばれている。
 
※エンドファイトについてはNHKのクローズアップ現代の
 ホームページにも詳しい解説があります。ここをクリック!

 
屋久島で見つけ出されたエンドファイトを使うと、
トマトの生長が著しく早くなるほか、白菜の連作障害も防ぐことができるとか…
 
最近、テレビでもよく拝見する、弘前の木村さんの無農薬りんごも
エンドファイトをうまく使っている好例である。
 
農薬の急速的な普及は戦後になってから…
 
農薬の普及によって確かに農業生産は格段によくなったことも事実。 
 
ところが農薬によって、元来有用とされた微生物を殺してきたのも事実。
 
営々と自然の営みは繰り返され、その間、自然界においては
生物や微生物はうまくバランスをとりながら共存共栄してきたのである。
 
だから何でもかんでも微生物がエンドファイトになるかと言えば、そう簡単なものでもない。 
 
気候風土や植物によって、相性というものがある。 
 
実はエンドファイトの約10%が解明されているだけで、残りの90%は未知数だとか… 
 
その未知数の部分は我々人類が分からないだけで、自然界はその複雑なメカニズムを
自ら活用できる能力が備わっているから、スゴイ!
 
色々な作物の豊作、不作の問題がある。
 
農薬を使うより、有機肥料やエンドファイトといった微生物を生かした農業の方が
収穫量や品質に波が少ないが言われている。
 
日本はこういった微生物を活用した農業スタイルを研究、確立し、
農薬をできるかぎり使わない、持続可能な農業環境、農業経営で
諸外国に対抗できる実力を兼ね備えてみることに努力してみてはどうか? 
 
エンドファイトなら日本という旗印のもとに日本が特許を取得して
世界に伍していけるようにするのも価値ある農業政策だと思う。(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-11-12 23:40 | サイエンス