信州の伝統野菜 松本一本ネギ

信州 松本の土肥農園さんに送っていただいたのが、この松本一本ネギ!
e0009772_10461839.jpg

こんな素晴らしいネギはお目にかかったことがないくらい、ご立派。
 
このみずみずしさ、太さ、きれいさ、他に比類がない。
e0009772_1048225.jpg

近所のスーパーで売っているネギの貧弱なこと…(苦笑)
 
しかも何と言っても、柔らかで甘くて、味わいが深いこと、間違いない! 

すき焼きに入れてもいいし、シンプルにネギ焼きにしてもおいしい。
 
実はこの松本一本ネギ、信州松本で江戸時代から昭和初期まで作られていた、幻の伝統野菜である。
 
植え替えることによって曲がった白い部分が長くなり、柔らかさと甘みが増す、という特徴がある。
e0009772_10471379.jpg
 
ところが、、「曲がっていて使いにくい」と消費者離れがあり、
また真夏に行われる植え替えが大変と生産者が減り、消滅寸前に…
 
平成15年から復活の動きがあり、平成19年に信州の伝統野菜に認定。
 
今や、まがりちゃんのネームブランドで贈答用にも出荷されている。
 
京野菜やなにわの伝統野菜などはブランドとして有名であるが、日本各地には
このような隠れた野菜で地元の人しかしらない逸品がたくさんある。
 
そうした、隠れた逸品を見つけ、その良さをアピールすることで、生活者に楽しみを、
生産者にやりがいを感じていただけるよう、努力するのも、野菜のソムリエの使命であり、
おいしいもの見つけ隊の使命であると思っている(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-11-21 10:48 | 野菜のソムリエ