食糧価格の高騰がニュースに…

昨年12月6日のブログでこんなことを書いていました…

穀物相場の高騰、ロシアなどの不作による輸出禁止、異常気象による不作、
新興国の需要拡大による食糧の争奪戦…

小麦粉をはじめ穀物の大半を輸入に頼る日本には不利な状況ばかり…


今日のNHKのニュース9でも食糧価格の高騰がニュースに…

コーヒー豆、大豆、とうもろこしに粗糖や綿花…

粗糖の産地で考えれば、オーストラリアは洪水、インドは国内需要で
輸出から輸入へ、ブラジルはバイオエタノール…

さらにアメリカが金融緩和策でドル紙幣を乱発するおかげで、
ジャブジャブになった資金が穀物相場へ…
 
カカオ豆のシェア4割を占めるコートジボワールは政情不安…
 
これも投機筋にとっては格好の話題。 
 
煽って煽って、ボロ儲けを既に画策しているかもしれない。

外食産業も厳しければ、民衆の財布の紐は固い。
 
真剣に食糧のことを考えないと、平和ボケが多い日本人は
またたく間に餓死してしまうかもしれない。
 
戦略らしきモノを打ち出さないで、内輪モメの民主党政権では
そのうち食べるものに事欠くようになるのも時代の問題。
 
TPPの前に、まずは日本の農業や食糧確保のビジョンが
見えてこない、いやないからいっそう国民は不安になってしまう。
 
かまどの煙を見て、民衆の生活に思いを馳せ、対策を打った
仁徳天皇のようなリーダーの出現はもう期待できないのか…(ペコリ) 
by mitsuketai | 2011-01-07 23:51 | 社会問題