なぜ伊達直人なのか? 

いわゆる、タイガーマスク運動の輪が広がっています。

12月25日の群馬児童相談所へのランドセルプレゼント以来、ものすごい勢い! 

ほほえましい、善意の輪が広がっていくのは心がホカホカしますね!

善意を送っておられるタイガーマスクの皆さんは無茶苦茶
お金があり余っているという訳でもないのでは…

自分のできる最大限の範囲で、最大の善意を示したい!

そんな純粋な気持ちが行動につながっているように思います。
 
衝動殺人や子どもの虐待、高齢者の孤独な最後、
景気の減退や政治の停滞…
 
何ひとつ明るい話がないこの世の中にウンザリ

これは多くの日本人の心の中にあるモヤモヤみたいなもの。
 
一方でにわか成金になったチャイニーズピープルの買い漁りにもウンザリ!

まあ、彼らは逆立ちしても、こんな善意の輪を広げることなんて無理だなあ(苦笑)

おまけにゼニカネ中心の金融市場主義オンパレード

市民とはかけ離れたところでの投機集団による金融不安。
 
お金ってこういう善意に使う方法もあるんだよ!と
日本人の気概を見せたいというやまと魂が形に
なって現れたのでは…と拝察しています。 
 
ところで、なぜ伊達直人なのか…?

確かに、タイガーマスクと児童養護施設のストーリーもあるが、
おそらく千代田区永田町の直人君にうんざりしている裏返しかも…
 
永田町の直人君のバラマキ子ども手当てには感動しないけれど、
伊達の直人君のランドセルの寄贈には感動を呼ぶ。

ダテに伊達 直人の名前を名乗っているではない…

直人の本家本元は伊達 直人、真っ直ぐな思いで、
駆け引きなく、人のつながりを大切にする!

タイガーマスク運動が広がれば広がるほど、
永田町の直人君の心中はいかばかりなのか(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-01-11 22:02 | ヒットの予感