身近になった!温泉とうふ用調理水

大丸ピーコックで、あの平川食品工業さんの温泉とうふ用調理水が
温泉とうふといっしょに定番商品として販売されています。
e0009772_20404439.jpg

e0009772_20413195.jpg

関西でも口コミでじわじわとファンが増えています。

おかげさまで手軽に、温泉湯豆腐を楽しめることができるようになってきました。

事実、近所の方々の間でも知る人ぞ知る存在で、
温泉とうふ用調理水が売り切れになっていることもしばしば…
 
嬉野まで行かないと食べることができなかった温泉湯豆腐!

あとは宅配で地元から送っていただかないと食べられなかったのですが、
こうして、身近で食べることができるのはありがたいこと。

ちなみに温泉湯豆腐は嬉野温泉の名物ですが、この温泉とうふ用調理水を
製造・販売している平川食品工業さんは何と、武雄市の北方町にある会社。

よくぞ、作っていただけたものだと思います。
 
寒い日々が続きますが、身体はポカポカ、そして豆腐が溶け出した出汁に
野菜、特に白菜を入れると、不思議なくらい、やわらかくなります。 
e0009772_2038138.jpg

お試しでない方は、この寒い時期、一度は体験される価値ありですね(ペコリ)
e0009772_20395296.jpg

by mitsuketai | 2011-01-22 20:42 | おいしい逸品