逸翁忌

阪急の創始者 小林一三氏が亡くなられたのが昭和32年1月25日。

今日1月25日は逸翁の祥月命日。

旧・逸翁美術館内にある茶室「人我亭」で毎年
逸翁追慕の茶会「逸翁忌茶会」が開催されるそうです。
e0009772_22313739.jpg
 
事前に申し込めば、誰でも参加できることを今日知りました。
 
来年は万障調整して参加したいなあと思っています。
 
鉄道経営をはじめ大衆を相手にしたビジネスモデルを
ことごとく創造された慧眼には今も通用することが多くあります。 
 
当時ミミズ電車、田舎電車と揶揄された沿線を開業前に何回も
歩いて、住宅開発や宝塚新温泉というエンターテイメントを
創造して、まさに需要を開拓されたパイオニア精神。
 
不況の時にはじめたビジネスは成功する。 
 
道なきところに道を作るアイデア!
 
不況だとか、政治が悪いという前に、果たして
閉塞感を抜け出すアイデアを出して、行動しているか… 
e0009772_22333929.jpg
 
日々、花の道で逸翁の胸像に拝礼しながら思う、
今日1月25日はまさに逸翁忌なのです(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-01-25 22:33 | 偉大なる人々