インターネット時代の入試問題漏洩

衝撃的なニュースですね!
 
京大入試の試験中、問題をネット掲示板に投稿
e0009772_1944076.jpg
 
ネット時代を象徴する入試問題漏洩。

とうとうここまでインターネットが悪用されるとは…(悲)
 
それにしても試験会場の監督官は気が付かなかったのは不思議。

入試問題に関わらず資格試験や検定試験でも携帯電話は
電源を切って、かばんの中にしまうように指導されているはず。

しかも監督官が見回っていれば分かるはずなのだが…

いずれにせよ、この日のために1年間猛勉強をしてきた
真面目な受験生を冒涜していることは許しがたい!

その昔、昭和40年代に阪大の入試問題漏洩があった。

当時、大阪刑務所で入試問題が印刷されていて、
模範囚の受刑者が入試問題をバレーボールの中に入れて、
それを運動の時間に誤った振りをして塀の外に放って
打ち合わせしていた共犯者に渡すという手口。

今回の問題もネットで解答を募ったために公になってしまったが、
案外、想像もつかない方法で不正手段が行われているかもしれない。

大相撲の八百長といい、世の中どこまでがシロで、どこまでクロか分からないこともある。

真面目に努力している人間にとってはたまらないが、世の中にはグレーな部分もあると
割り切って、出来る限り、その影響を受けないように努力するしか対応方法はないのか…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-02-27 17:06 | 社会問題