災害救助食

震災等災害時にいつも問題になるのが食料と水の問題!

コメや食材があっても調理できなければ意味がない。

その点、アルファ米はお湯や水があればご飯ができる。
 
あとフリーズドライの具沢山野菜スープなどがあれば
それだけでもかなりの栄養補給が可能となる。

ご飯やスープでも水分がかなり補給できる。

そこにカロリーメイトのような栄養補助バーみたいなものを組み合わせる。

そこに長期保存可能なゼリータイプの補助食品があれば…

これからは災害に強い施設を各地の拠点に整備して備蓄し、
賞味期限を考え、介護施設等で活用しながら入れ替え、
在庫備蓄の回転を図る仕組みを作る。

なかなか落ち着いてカップラーメンをかき込む時間しか
余裕のない医療スタッフや自衛隊の野外活動向けに
1日の所要栄養量を確保できる食品の開発。

そこに国産の農産物とどう絡めるか?

今回の震災を教訓にそんなことを考えておけば、
世界に通用する災害救助食システムができるかもしれない(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-03-22 21:08 | 食育&地産地消