今こそ、スマートグリッドを考えよう!

スマートグリッドってご存知ですか?
e0009772_2145779.jpg

直訳すれば、スマート=賢い、グリッド=電線網という感じですが、
実際は電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる
送電網のことを言います。

分かりやすく言えば、電力を賢く、効率的に使う仕組みと考えた方がいいのかも。

送電線網が整備されていないアメリカでは度々停電が起こることが問題になっており、
その解消も視野に入れ、オバマ政権のグリーンニューディール政策の目玉とも言われている。
 
その反面、日本では送電線網の仕組みがしっかりしているため、停電は少なく
実効性が少ないとされてきたのだが…

ご承知のように、電力のかなりの部分を原子力に頼っている現状が、
今回の福島原発の事故で計画停電を余儀なくされ、経済活動にも
大きな支障を及ぼしている。

多かれ少なかれ、電力を湯水の如く使う発想から節電の方向へと
経済活動、市民生活のスタイルを変えていかなければならない。

各家庭にスマートメーターを付けて、不要な電力を必要なところへ、
送電線網から放電する無駄な電力を有効に使うことを考えるべき時に来ている。

スマートグリッドには次のようなメリットがある。

●ピークシフト(昼間電力消費の一部を夜間に移行させる。
●天候に左右される自然エネルギーを蓄電して必要な時に電力を回す。
●持続可能な再生可能なエネルギーの活用
●停電対策
 
なおかつ、日本の企業にはスマートグリッドに関する技術蓄積がある。
 
スマートメーター超伝導ケーブルデマンド・コントロール
スマートオアシス
 
化石燃料はそのうち枯渇し、原子力は安全性に問題があるとなれば、
後は電力の有効活用と節電しか残された道はないように思われる。
 
入ってくる量が少なければ、出ずるを制する!しかないのは経営も電力も同じこと。
 
電力消費を効率的に使うインフラ整備を日本全体の復興課題として
取り組むことで需要を喚起し、その需要で景気を浮揚させて
復興財源に還流する仕組みはまさにスマートグリッドの発想にも通じるのでは…

今回の原発問題は不幸な出来事であるが、このピンチを将来に向けてのチャンスに変える。
 
それくらいの大胆な発想の展開につなげていかないといけないのでは…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-04-07 21:45 | 社会問題