風が吹かないと桶屋は儲からない!

震災の影響で自粛ムードが広がっている。

先日、東京からのお客様に聞いた話では
頻繁に起こる余震や福島原発の影響で
街を歩く人々の表情が曇っているとも…

GWを前にして例年ならにぎわう箱根も閑古鳥とか…

関西から東京への不要不急な出張は自粛され、
東京からの出張も日帰りが中心…

関東地区を中心に外食産業は大打撃を受けており、
関西も自粛ムードで売上の落ち込みや業績の悪化は
これから半年の間にかなり表面化してくるような嫌な予感。
 
東北地方は食品産業にとっても原材料から包装資材まで
様々な面での主要供給地であることには違いない。

実に日本全体の経済に影響を及ぼしている。

人間の脳は一部の機能が損壊しても、他の部分で
失われた機能をバックアップするようにできている。

東北や関東では大変な困難な状況にある中で、
我々関西に拠点を置く者は痛みも分かち合い、
失われた機能をバックアップしなければならない。

GWも近いが、遠出はしなくとも地元でも
レジャーや買い物を通して消費することはしなければならない。
 
政府の復興対策も重要だが、一番大事なのは国民ひとりひとりの内需の積み重ね!
 
とにかく風が吹かないと、桶屋は儲けようがない(困)

関西から、西日本から元気な、旺盛な消費の風を吹かせる。

できればBUY TOHOKU運動みたいな東北を買って元気になろうという活動も
徐々に開始していかなければならない。

被害の受けていない西日本から元気の風を吹かせようではないか!

場合によっては関西に来てもらって元気のパワーを持ち帰っていただこうではないか!

とにかく風が吹かないと、何も始まらないのである(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-04-18 22:12 | ビジネス