そもそもマニフェストって

地元、高槻は市長選に、市会議員選挙がたけなわ…

一斉にマニフェストやら、公約やらを出しておられるが…

素晴らしいことをおっしゃっておられるのだが、
今回はどの候補の主張もイマイチ、ピンとくるものがない。

その理由は、本当に実行できるのかなあ!が正直な感想。

つまり、マニフェストの中身が地に足をつけてできているような気がしない。

そもそも住民と対話を繰り返し、その中から凝縮されたものが
マニフェストの中身に反映されていなければ…

高齢者介護を実際に体験した者からすれば、
高齢者の置かれている状況や困っている状況が
お分かりになっているとは思いがたい!
 
民主党のマニフェストも今や空中分解、壊滅状態。

高速1000円化も6月に廃止。

これが経済活性化につながる…ちゃんちゃらおかしい!
 
高速のPAの売上や観光地の活性化なんてとんでもない。

現場を見れば一目瞭然。

その反面、地域の公共交通や生活航路まで壊滅せしめた結果。

高速無料化の経済効果…これは想定外なんてもので済まされるものでもない。

もっともっと実現可能な、できることからできる決意を真面目に説いている公約なら…

マニフェストをみれば、動物的カンで現場の状況を見極めているかどうか分かる。

最終的にはこの動物的カンを大事にして、投票行動を決めたい。

もっとも、いい加減なマニフェストを掲げるくらいなら、ひと言、俺を信じろ!と
真正面から訴えてくるツワモノの方がよっぽど頼もしいかもしれない。

刻一刻と変化する社会では、マニフェストにこだわるより臨機応変に
市民のことを考えて行動してくれる方が頼りになる!

それこそが選挙の本質である、人物を選ぶ、人物に投票するということ。

マニフェストって中途半端なものが登場して以来、おかしくなってきたように思う。

最後にひと言、もし実現不可能なことを声高におっしゃって当選、
その後ひとつも実現できない候補者がいらっしゃったら、心の中で、
キング・オブ・大風呂敷の称号を差し上げたいと思っている(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-04-22 20:38 | ウラを読み解く?