日差しカット効果58%

普段、JRの快速や新快速を利用します。
e0009772_04681.jpg

先日何気なく、窓ガラスを見ていると
こんな文言のシールが貼ってありました。

日差しカット効果58%のガラスを使用しています。
 
ご丁寧に英語でも…(苦笑)
The windows cut 58% of sunlight.
e0009772_052181.jpg
 
確かに窓側って日差しがまぶしく、きつい時もあります。
 
日よけのシェードをおろすと、暗くなったり、うっとうしいで
日差しカット効果があると助かるのですが…
 
ところが何となくこの文言気になる部分があります。
 
日差しカット効果58%の根拠は… 
 
日差しカット効果って具体的にどんなこと?
 
日差しカットとUVカットって同じ?
 
日差しカット効果58%…という響きだけを見ると、
ああ、すごいなあとか、効果あるんだなあとか…
 
でもほとんどの方は実際にその中身は分からないと思います。
 
かくなる僕も正直なところ、何も分かりません。
 
詳しい人がご覧であれば、教えていただきたい!
 
ところで今回の話題から最も言いたかったこと。
 
それはキャッチコピーに踊らされるな!キャッチコピーだけで全てを判断するな!
 
何となく響きがよくて、素晴らしいキャッチコピーに我々は振り回されていませんか?
 
実際、内容も分からず、検証もしないで、響きのいいキャッチコピーの
文言だけで全てを信じてしまうなんてことありませんか?
 
面倒くさがらずに、何事も自分自身で情報を集めて分析して
判断していくことが必要ではないでしょうか?
 
マークシート方式の試験、アンチョコな解説本、0か1かのデジタル的思考の蔓延、
内容の善悪を考えず、ネット上の情報をそのままコピペしてしまう行動。
 
デジタル社会が進行すればするほど、多面的に考える余裕がなく、条件反射に頼ってしまう傾向。

ほんの一瞬、立ち止まって、この言葉って本当なの?
 
いいキャッチコピーもあれば、人をだますキャッチコピーもある。
 
こんな、ちょっとした問題意識を持つことも必要ではないでしょうか…
 
またいくつかの側面や角度から眺めてみることも大事だと思います。
 
富士山も見る場所や角度を変えて眺めると違った景色に見えるが如く…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-04-27 00:05 | ウラを読み解く?