未来から今を俯瞰(ふかん)する!

本を読み、色々な人にお話しを伺う中で最近気づいたことがある。

達人は“未来から今を俯瞰(ふかん)する!”

未来の姿から今を俯瞰(ふかん)しながら、今の日々の活動をしておられる!

言い換えれば、今の思いや行動が未来を決めると申し上げても過言ではない。

もっと分かりやすく言えば、今の姿は過去の思いや行動が具現化したものに他ならない。
e0009772_10181780.jpg

因果という言葉がある。もともとは仏教用語に由来している。

因果の道理は大きく3つに分けられる。

①善因善果(善を行えば、善い結果が返る)

②悪因悪果(悪を行えば、悪い結果が返る)

③自因自果(自分の行いの報いは、自分に返る)
 

これらの因果の意味は理解していても、実際、今何をすべきか?ということを
凡人はなかなか分からない!
 
自分が正しいと思っていても、本道を外れているかもしれない。
 
そもそも何も考えがなければ、世間の流れに身を任せるしか仕方がない。
 
今の世間の流れを見る限り、総じて流れは悪い方向に向かっているような気がする。
 
そんな時だからこそ、あえて“未来から今を俯瞰(ふかん)する”
 
未来という時空に自らの身を置き、そこから今の自分を見つめる!
 
そうすると、方向性やスピード、真偽や真理が見えてくる!

近視眼的にはムダと判断してしまうことも実は有効であるということも分かる。

批判や非難があっても、複眼的に見れば、今の行動の正しさを理解でき
信念を持って進めることができる。
 
未来という時空に自らの身を置くことは難しいかもしれない。
 
ところが人間の脳は創造という形でシュミレーションを可能にしてくれる。
 
確かに過去からの検証は大切である。
 
しかしながら、過去からの知見の蓄積だけでは今の事象を解明できない。
 
未来にあるべき姿を想像して、そこから後追いすることで新たな視点を
得られることができるかもしれない。
 
小さなことから“未来から今を俯瞰(ふかん)する!”を実践しながら
技法を積み重ねることから始めていかないと一気には無理。
 
この考え方はあらゆるところで活用できるのではと思っている(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-04-29 10:18 | 教え