餡焚き屋中井のどらどら

堺に住む叔父から、うまいどら焼きがあるから持っていくよ!との連絡。

学者や医者など錚々たる親戚の中で、食の分野では
一応一目置いていただいている僕に、おいしいものがあると、
皆さんからご一報とともに商品を贈っていただいています。

たぶん、僕が思わず、うんと唸るを待っておられるのです。

ありがたい限りで、感謝、感謝!

今回は、堺にある、餡焚き屋中井のどらどら!
e0009772_21481239.jpg

外見はどこにでもありそうな、どらやきです。

しかも、サイズは控えめ、小ぶりです。

あくまでどらやきはどらやきだろうと…
e0009772_21491243.jpg

箱に詰まったどらやきを持ってみると、ググッ…

重いのです!小ぶりの大きさの割りにずっしり!

こりゃ、ただものじゃない(苦笑)

いわゆる皮という生地がまろやか、きめ細かい!

ふわふわ、やわらか、赤ちゃんのほっぺみたいに…

さあ、本命のずっしりと重たい、小豆の粒あん。

小豆が立っている!小豆が輝いている!

味はといえば、これでもか!と思うくらいあっさり!

餡に砂糖は使われているが、全体が小豆の甘さだけでは!と思わせる凄さ!
e0009772_21503283.jpg

あっさりなんです、軽やかな味わいなんです、でもずっしり重いのです!

この小豆の粒餡は一体何者なのだ~

これが餡焚き屋の餡の真骨頂なのです!

ダテに餡焚き屋の称号を名乗っていないのです。

和菓子屋のどらやきではなく、あくまで餡焚き屋のどらやきなんです。

もう今回は思わず脱帽です。

こういうあの手この手で僕から一本を取ろう!という挑戦状!

こんなうれしい挑戦状ならいくらでも受けて立ちますよ(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-05-27 21:52 | おすすめスイーツ