ルーレ・ブリュレ!

宝塚 effetのルーレ・ブリュレをご紹介!
e0009772_23445784.jpg

ルーレとはフランス語で“巻いてあるもの”の意味。

“巻いてあるもの”…ロールケーキを意味します。

ご覧のように表面はキャラメリゼされています。

すなわち、ブリュレ!

表面をキャラメリゼ(ブリュレ)したロールケーキ…

これをフランス語でオシャレに表現するとルーレ・ブリュレ
e0009772_2346626.jpg

お菓子そのものの表現もこのようになると何だか別物に感じますね。

少し脱線しますが、ここ最近流行のコンフィチュール、これもフランス語でジャムの意味!

ジャムの名前になると、スーパーの特売アイテムみたいだが
コンフィチュールにすると、ものすごく高級なイメージに感じますよね(苦笑)

さてさて、肝心のお味はと申し上げますと…

ブリュレの生地に負けないクリームのコクが要求されます。

その点を解消したのが、カスタードと生クリームの絶妙な配合のクリーム!

見た目、食べた直後の爽やかさ+後からじわっと感じるコク。

最初はブリュレの生地がどんなに影響するのか?と少々心配しましたが、
さすが、その心配を差し引いても余りあるくらいの出来栄えです。

お店の名前のeffetの意味はフランス語で美しい・効果

転じて美しい笑顔が溢れる、幸せになれる、心が満たされる。

このお店のちょっぴりエスプリを感じさせてくれるところがこれからも楽しみです(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-06-04 23:49 | おすすめスイーツ