何事もほどほどに…

広島県に西条というところがあります。

西条…と聞けば、酒蔵が多いところです。

そう、あの有名な賀茂鶴を筆頭にたくさんの地酒があります。

以前、地元の名士の方に色々と連れて行っていただいた
記憶がありますが、それはもう粋なお店の多いこと。

酒の肴も旨いし、地酒は言わずもがな…

ところが5月の連休明け以降パッタリ酒の売れ行きが悪いとか…

その理由はこんなところにあります。

広島の主だった飲食街や歓楽街はこぞって、
東北地区の地酒キャンペーンをしていて、
地元の酒には見向きもしないこと。

東北と言っても、大きな被害を受けた、岩手、宮城、福島じゃなく
秋田や山形、青森、新潟の酒を被災地支援と称して、
売上の一部を義捐金に回そうというのがお客に支持されやすいとか…

最近の日本の悪弊はこの極端から極端への行動の流れ!

被災していない地域がまずは元気を出して、そのパワーを
被災地に回すくらいの発想をしないと共倒れになってしまいます。

実際に大変なのは岩手、宮城、福島、茨城くらいでしょ!

大きな被害をうけていない秋田や山形」、青森、新潟の地酒を
何とかかこつけていこうとするのはいささか疑問。

何事もほどほど、バランスよくしていかないと元も子もなくなってしまいます(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-06-09 23:58 | ウラを読み解く?