DELIZIEFOLLIEのジェラート

昨日、NU chayamachiプラスとスタンダードブックストアーのことをお話ししました。
 
そのスタンダードブックストアーの向かいの冷凍ショーケースに目が釘付け

そこにはDELIZIEFOLLIEのジェラートが陳列されていたのです。

パリに本店がある有名なジェラートショップで、イタリアシチリア島出身の
オーナーはジェラート職人の家系の子息で7才からジェラートづくりを
始めたという、若き天才ジェラート職人だとか…

ショーケースの中のジェラートたちはどうみてもタダモノじゃない!

そんな予感が…

そんな店の関西初の出店がNU chayamachiプラスに…

2種類のカップがあって、それぞれ好きなアイテムを3種類、4種類選べるシステム。
e0009772_0184991.jpg

全種類食べたかったけれど、相当なカロリーになるのでクリーム系からメリンガを、
フルーツ系からリモーネとパッションフルーツを選択。

まずはメリンガ、お菓子のメレンゲのようにふわふわ、味わいも雲の上を歩くような軽やかな甘さ。

天空の上を跳ね回るような感覚の、実にさわやかでコクのある、
今まで経験したことのない、クリーミー感と甘さの融合。

リモーネはご存知、レモンですよね!

レモンのあのガツンとくる刺激ではなく、頬をなでなでするような、柔らかな刺激感。
ジェラートの美味しさも感じさせつつ、俺はリモーネであることを忘れるな!という
さりげない、初恋の味以上、大人の恋未満のレモンの味っていうとこでしょうか(苦笑)

パッションフルーツはこれぞパッションフルーツといった当たり前のような感じ。

3種類食べただけですが、ここのジェラート、なかなかの実力だと思います。

何がすごいかというと、味が二重奏、三重奏と次々とハーモニーを奏でるバランス。

1カップ=3種類であれば550円で3つの味を楽しめるのは実にリーズナブル!

これからも機会があれば、少しずつ体感してお伝えしたいと思います(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-06-11 23:52 | おすすめスイーツ