一寸法師のどらやき

最近、和菓子の世界はどらやき、洋菓子の世界はロールケーキから
バウムクーヘンにブームの流れが…

まあ、どこもかしこもどらやきはどらやき(笑)

あんこ屋さんのどらやき
e0009772_23304082.jpg

でも、このどらやき、老舗あんこ屋が作ったどらやきというフレーズ!

見た感じ、あんこが半端な量じゃない!
e0009772_2331597.jpg

これを食べずに、どらやきを征服したことにならない…(苦笑)

分かったような、分かっていないような理由でトライすることに…

生地はしっとり旨いし、あんこの量は多いけれどペロリと
いけるライトヘルシー級な味わい。
e0009772_233362.jpg

和歌山の老舗あんこ屋が作ったとあるけれど…

一括表示の生産者を見てビックリ!

一寸法師さん、和歌山の老舗製餡メーカーのきたかわ商店さんのブランド。

実は今を遡ること、7年ほど前、和歌山のオフィスに商品開発で
お尋ねしていたことがあったのです。

銀行の産業フェアのブースで、当時小豆を使った健康飲料
説明されていて、黒豆で同じようなことができないかなあと
お伺いしたのを覚えています。

和歌山の駿河屋さんや和菓子屋さん、パン屋さんと取引があり、
年間600㌧の小豆を加工する製餡の専業メーカー。

小豆を知り尽くしたメーカーが小豆の健康機能に
着目して健康飲料という少し本業のとなりの分野へ。

その時は、黒豆飲料の開発はお蔵入りになりましたが、
小豆、製餡からこういう発想もできるんだなあと…

少し考えをずらすだけでも、自社が培ってきたノウハウを
うまくいかせることができる…これもイノベーションなのか…

それにしても、一見遠いように見えてもどこかでつながりがあるんですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-06-17 23:34 | おすすめスイーツ