水晶橋は自動車の通行ができるのか?

大阪の中之島 裁判所の向かいの堂島川にかかる歩行者専用の橋が水晶橋。
e0009772_23552981.jpg

大阪人なら、水晶橋と聞いて、ああ、あの橋と思い浮かぶ橋です。
e0009772_23562316.jpg

名前は知らなくとも、場所を説明すればお分かりいただけると思います。

大阪市のホームページによると、こんな解説があります。

水晶橋はつい最近までは、正確に言えば橋ではなかった。

この橋は本来は昭和4年に完成した堂島川可動堰という、河川浄化を目的として建設されたゲートである。

橋面の改装が行われたとき、さらに多くの人に利用してもらうことを願って、
法律上も橋と認定する手続きがとられたので、現在は名実ともに橋になっている。


以下詳しい説明はコチラをクリックしてご覧下さい!

この橋、ご覧のように階段の段差があります。
e0009772_23572973.jpg

もともと堂島川可動堰という橋ではなく、河川浄化を目的として建設されたゲート
 
ところが一部のカーナビによると、ココを渡りなさい!という案内がでるようです(苦笑)

カーナビさん!どうしたらクルマで渡れるのか?具体的に方法まで教えないと… 
e0009772_23583886.jpg

大阪になじみにある方なら間違いと分かりますが、先日、遠方から来た知人は
いくら探しても通行可能な水晶橋は見つからない、目的地に行くには
ココを渡れ!とナビが注文つけてくるとぼやいておられました。

吉田兼好の徒然草の第52段に仁和寺の法師が岩清水八幡宮に参る話があります。

※お話しの詳しい内容はココをクリックしてみて下さい! 

ここで有名な格言があります。

先達はあらまほしきことなり! 
 
カーナビは現代版、先達の筈ですが、もう少ししっかりしていただかないと困ります。
 
やはり、先達は最終的には、研ぎ澄まされた自分の動物的直感ではなかろうかと…(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-06-30 00:01 | ウラを読み解く?