Facebook×Twitter

つい先ほど、書店で手に取ったのがこの本!

Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本
e0009772_1442327.jpg
 
この類の本は結構出ているけれど、Facebook、Twitter
それぞれの使い分けを論じている点は秀逸。

何よりもいいのが、大手企業から中小企業、
個人企業の事例が豊富なのがいい!

どういう考えで、どういう使い方をされているのか?

そこを知りたいと思ったので、その点も評価できる内容。

特に中小企業や個人企業の事例は参考になる。

究極、何事も目的がしっかりしていないと続かないものである。

そんな事例を見ていくと、なんと武雄市のフェイスブックのことが…

ホームページをフェイスブックにすることで年間1000万円の
サーバー代が節約できるとか、匿名性がないだけに
やる気のある職員獲得につながり、リクナビより効果的とか…

また市民との距離感が縮まり、無駄な作業を解消できる利点もある。

なるほど!樋渡さんがなぜFacebookを市のホームページにされるのかが理解できる。

規模に関係なく、やる気と知恵の大小で成果が
左右される時代になってきたことをつくづく感じる。

もっともFacebookもTwitterもコンテンツや現場の意識が
しっかりしないと単なる道具に終わってしまう。

何より大事なのは、FacebookやTwitterを使って日々の業務を
さらにパワーアップしようと舵を取れるかどうか?

規模の大小に関わらず、そこができる!ついてくる組織力が今後成否を分けるような気がする。

Twitterもログインパスワードが分からなくなり、今や開店休業中で、
日々の仕事に追われ、Facebookになかなか踏み出せない自分ではあるが(苦笑)、
この本を参考に、ITに疎遠な中小メーカーや生産者の活動に陽が当たる仕掛けを
考えていきたいと思っている(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-14 14:42 | おススメ本