白コショウ、黒コショウ

今朝の日本経済新聞を読んでいたら、スパイスの輸入価格高騰のニュース!

ネットには配信されてはいないようですが…

ちなみに要点を抜粋すると…
●コショウが14年ぶりの高値水準に
●ハムやソーセージに使うナツメグはこの2年で3倍以上
●ソースなどの原材料になるクローブも前年比4倍
●コショウに関しては主力のマレーシア産で白コショウが前年比44%、
 同じくマレーシア産黒コショウが前年比40%上昇

新興国の需要増大、価格上昇を狙う生産国の供給引き締めに
最近の天候不順等に投機筋も絡んで複雑に要因を構成しています。

円高が多少値上げを緩和しているとはいえ、円高以上の高騰であり、
小麦、とうもろこし、大豆、ココア、砂糖なども含め、一気に円安になると
価格高騰の影響をまともに受けるどころか、供給不足で一気に
高騰する可能性も考えられます…

経済の話はここまでにして、コショウの話でふと疑問に思ったことが…

白コショウと黒コショウって、別物?

ネットで検索していたら、白胡椒と黒胡椒の比較というサイトを見つけました。

詳しいことはココをクリックして白胡椒と黒胡椒の比較をご覧下さい。

ここで簡単に申し上げると、白胡椒は成熟果の果皮を除いて粉末にした香辛料、
黒胡椒は緑色の未熟果を果皮ごと発酵させて粉末に加工した香辛料。

白胡椒⇒成熟果の果皮を除く

黒胡椒⇒緑色の未熟果を果皮ごと発酵させる

収穫時期と果皮の有無と加工方法で、白胡椒と黒胡椒の違いができるとは…

こうして、ふと疑問に思った時に調べてみると、目からウロコの発見があります(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-16 14:09 | 食育&地産地消