桑田監督待望論!

桑田 真澄、 佐山 和夫の対談 野球道(ちくま新書)を読んだ!
e0009772_10161246.jpg

この本を読んで、直感!巨人軍の時期監督は桑田真澄しかいない!

阪神ファンの僕が巨人軍の監督をあれこれ言うのはおこがましいが、
彼の野球に対する考え方を拝見して野球界全体の発展を考えると彼しかいないと…

野球に対する真摯な考えは、指導者になって、選手に説明しても
おそらく理解できて、それがプレーにつながると思うからである。

メジャーにあこがれる風潮もあり、野球の本場アメリカのメジャーリーグは
素晴らしいと思うが、もはやメジャーリーグは野球の本質を忘れている。

薬物依存やきたない、ずるいプレーの横行、未だにはびこる人種差別に
興行優先のコマーシャリズム…

たぶん、近い将来、メジャーリーグは衰退するだろうし、学生野球以来の
野球道を発展させてきた、日本の野球は決して今のメジャーリ-グの野球に
追随すべきではない。

そして今の日本のプロ野球もきちんと体系的に野球を考えている指導者も少ない。

ノムさん(野村克也監督)も人間道をしっかり説かれるように、
野球の底流にはしっかりとした人間学があり、そこがプレーに通じないといけない。

いくら監督が優秀でも、ボンクラの口だけ出してカネを出さないオーナーを
何とかしなければいけないが、監督や指導者がしっかりすることも重要。

野球人としての人間道も合わせた野球道を指導できる人材に
これからの日本の野球界を支えてもらいたいと思っている(ペコリ)
by mitsuketai | 2011-08-20 10:16 | おススメ本