これぞ本物の最中 藤斉最中

最近、猫も杓子も、どこも最中といえば、種と餡が別々になった手作り最中が主流。

さりとてたねやの枡々最中も百楽最中も種のパリパリ感もあんこのどっしり感もイマイチ!

今は昔、堺に宝泉という和菓子屋さんに宝最中がありました。

種というか最中の皮はパリパリッと柔らかいけれど存在感たっぷり。

小豆は光り輝いていて、一粒一粒立っている。

そんな最中がどんどん絶滅危惧種状態になって嘆いていました。

いや、ところがある日、これぞ本物の最中というものに久々に出会いました。

生物界に例えると、あのさかなクンが西湖で見つけたクニマスに匹敵するくらいかな(笑)

それが藤斉最中、あの鮎巻で有名な鮎屋の和菓子ブランド近江藤斉の看板商品。
e0009772_23164980.jpg

箱を持つとずっしり重い、その時点で思わずビビるほどの圧倒感。
e0009772_23171597.jpg

最中種=皮の風味、香りとパリパリッと久々にドンと立ち向かってくる生きのよさ
e0009772_23173782.jpg

小豆も光り輝いていて、一粒一粒立っている。
e0009772_23175778.jpg

最近、おいしい最中にお目にかからないという貴兄におススメです(ペコリ)

近江藤斉のホームページはここをクリックして下さい!
by mitsuketai | 2012-06-04 23:30 | おすすめスイーツ