七夕の食べ物って…

土用の丑の日にはうなぎ、年越しにはそば、節分には巻寿司…

最近では年明けうどんなるものを外食産業はメニュー提案しているとか…

いやはや節気と食べ物の関係も元来は風情があったはずだが、
昨今、見え透いた商売根性に走る輩が跋扈(ばっこ)しているのは
いささか興ざめを感じるところである。

さて明日は七夕、どうやら天候は怪しい模様。

年に一度の逢瀬、何とかしてあげてほしいところ。

ふと七夕の食べ物ってどんなものがあるのかなあ…?

調べてみると、七夕には“そうめん”だとか。

縁結びの神様で有名な京都の地主神社のホームページに説明が!

平安時代の書物に「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」とも書かれており、
古くから宮中では七夕にそうめんが食べられていました。
のちにこの風習は庶民にも広がり、今日にいたります。
暑い夏でもそうめんは食べやすいので、食欲不振や夏バテを防ぐ役割もあります。


どうやら商魂たくましい、にわか仕立てとは一線を画しているように感じる。

でもひょっとして“恋そうめん”や“七夕そうめん”なんて命名して図太く、ちゃっかり商売されているかも…(苦笑)

まあ!何はともあれ、七夕の明日は“そうめん”を食べようと思う(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-07-06 19:10 | 色いろいろ