八幡白鳳(やはたはくほう)

八幡白鳳(やはたはくほう)は7月上旬に収穫される桃の品種です。

白鳳の枝変わり品種で形は扁円形、果汁が多く、早生特有の上品な味わいと
美しい赤色に色づく特徴のある桃です。

今回はJA紀の里の糖度センサー検査の桃。

e0009772_16345574.jpg

品種的な解説はここまでとして、食べてみた感想を申し上げます。

八幡白鳳、まずびっくりしたのが皮の剥きやすさ!

手でさっと皮が剥けるのが八幡白鳳の隠れた特徴のひとつ!

e0009772_21254773.jpg

そして何といっても最大の特徴は果汁の多さ、しかも爽やかな甘味。

桃の甘味の本質は果糖、冷やせば冷やすほどシャープな甘さが口の中に広がります。

爽やかな甘味の涼風が口から喉にかけてさっと吹いていくような感じかな(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-07-15 16:34 | 野菜のソムリエ