ゲリラ豪雨多発と気候変動の恐ろしさ

今日もゲリラ豪雨が発生!高槻市も含む北摂地域から京都にかけても雷鳴とあっという間のゲリラ豪雨!

14日の豪雨はJR高槻駅や周辺の百貨店等でも大規模な浸水の爪痕が…

本日の豪雨でもあっという間に大量の雨が…

JRの京都線でも桂川の鉄橋の橋げた確認のためこれまた運転見合わせ。

被災した地域でもようやくあと片づけをしたかと思うと、またまた被害が発生。

連日の猛暑、さらにスコールの巨大版みたいなゲリラ豪雨。

今は昔、日本は温帯の国と習ったが、もはや亜熱帯の国と化している。

最近の台風のルートを見てみても、以前とは違うことに気付くはずである。

沖縄が専門とされていたゴーヤも今や神奈川県あたりの栽培・出荷量が増えている。

りんご有数の産地でもある長野県でもそのうちりんごは栽培できず、みかんの産地になってしまうかもしれない!

しかも夏の猛暑と冬の異常低温、夏の豪雨と冬の豪雪という両極端。

海水温の変動と偏西風のルートの異常の影響も考えられる。

もはや今までの災害に対する知見では対応できないほどの異常であり、対応基準は制度疲労を起こしている。

経済も政治も天候も何もかも今までの延長線だけで考えてはいけない時代に突入している。

今までの知見で生かすべきものは生かす!新たに取り入れるべきものは取り入れる!

大胆にして繊細に多面的に…

そのためには書を読み、賢人に話を乞い、現場で見聞きする、これに尽きるような気がする(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-08-18 17:25 | ウラを読み解く?