価値の流失を防ぐべき!<鴻海>シャープの技術狙う

<鴻海>シャープの技術狙う 液晶パネル製造工程の協業要求

このニュースを見て、やはりそうだったのか!と合点

鴻海のトップも表敬訪問を予定していた大阪商工会議所

それをすっぽかす態度にも大いに失礼さを感じてはいましたが…

記事によれば…

台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープに、中小型を中心とした液晶パネルについて、
製造工程まで踏み込んだ協業を求めていることが5日、分かった。

現在は生産したパネルの買い取りが協業の中心だが、製造ノウハウが吸収できる協業を目指す狙いとみられる。

ただ、技術流出などシャープの企業価値低下の懸念があり、交渉は難航が予想される。


台湾!中国!韓国!全てとは言わないが、どちらかといえば模倣、いやパクリで生きている部分が多い!

台湾のIT企業も生産は中国内陸部の低賃金の労働力を使って価格優位の戦略!

いかに技術をパクリ、いかに安く作って、利益を上げることができるかというビジネスモデル。

ひと昔前、エコノミックアニマルと揶揄された日本ではあるが、モノづくりに関しては
鎖国していた江戸時代からの職人気質の創意工夫の精神が脈々と受け継がれてきた点では
台湾も中国も韓国も到底及ばないはずではなかろうか?

その技術が根こそぎ流出しようとしているのである。

韓国のサムスンをはじめ、台湾、中国の企業も業績不振に陥った日本の大手エレクトロニクスの
技術者を軒並み、根こそぎハントしまくっている。

言葉ではヘッドハント、スカウトと聞こえはいいが、御用済みになれば使い捨てにされるのは自明の理。

金融機関やJALなら国有化してでも救済する政府にひと言言上申し上げたい!

知的資産、知的価値を持つ企業には雇用の安定と引き換えに公的資金を投入して救済できないものだろうか?

制度や法律、民間企業への介入への問題等、我々庶民では分からないことかもしれないが、
雇用の安定や国富としての企業価値の流失を防ぐという目的であれば、何らかの方策はあるはず。

もし、このまま海外にみすみす流失し、雇用の安定が崩れるとしたら、大変なことになるような気がしてならない(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-09-05 18:41 | 社会問題