厳しい環境が果物を甘くするってほんと?

何だか、難しいタイトルでスタートしちゃいました(苦笑)

昨日、待ちに待った、木島平 岡本商店の特別企画
北信州 ふじりんごセットが到着!

1箱に16個入って、送料込み¥3,000-(税込)は
お買い得!
e0009772_22102627.jpg

ちなみに、このりんご、しばらく置いておきます。

その理由が実は、今日のタイトルに関係しています。
e0009772_2211634.jpg

2~3日置いた後、冷蔵庫で5日間貯蔵します。

そうすると、すぐ食べた時と比べると、甘味と旨味が
アップしていることがよくあります。

これは、りんごが栄養を吸収している樹木から
切り離され、冷蔵庫のような冷たい、厳しい環境に
置かれると、自己防衛機能が働いて、果実部分に
でんぷんを蓄えようとします。
e0009772_22133054.jpg

その分、甘味が増すのです!

ブルーベリーも寒い、厳しい環境に自生している
ものは、甘くて、眼にいいと言われるアントシアニンが
豊富に含まれると言われます。
e0009772_22173664.jpg

実は、先日も当初甘さが足りなかった、新高梨が
別物かと思うほど、甘くて、美味しくなっています。
e0009772_2219619.jpg

人間も厳しい環境で揉まれると、人間性が高まると
言われています。
改めて、果物たちに教えてもらったような感じがします。

by mitsuketai | 2005-11-17 22:19 | おいしい逸品