黒糖大ピンチ!

昨日は柑橘類、特にスダチや柚子の状況についてお話ししました。

今回は国内産の黒糖の大ピンチについてお話しします。

もうヤフーニュースでこの記事をご覧の方々もいらっしゃると思います。

<サトウキビ>台風3度直撃で被害 奄美、沖縄の農家苦境

実は今年の初めからいくつかの企業と取り組みかけていた商品開発案件があり、
その原材料の一部に黒糖の調達ルートの確保もありました。

ご存じのように黒糖と名乗るにはきわめて厳しい取り決めがあります。

黒糖の定義についてはココをクリックしてご覧下さい。

昨年は記録的な不作で入手も難しく、価格も歴史的高騰…

今年は8月最初の段階で生育も順調で、調達も価格も
落ち着くとの見込みでした。

ところが記事にもあるように8月下旬からこの間の台風17号まで
3つの台風が立て続けに沖縄、奄美を襲ったために大打撃!

これで黒糖の供給もタイトに、価格も高騰は必至…

自然現象ではありますが、生産者も取引業者も加工メーカーも全て大変!

特に生産者である沖縄、奄美の黒糖農家はお気の毒なことです。

大震災の影響で加工練乳も供給がここ2年ますます厳しくなっています。

ある大手菓子メーカーさんでは“信州産りんご使用”とパッケージに
表示されていたのですが、昨年は信州産りんごピューレの確保が
できず、苦戦を強いられていました。

商品開発のメドが立っても、さあ出発進行という段取りになってお蔵入り…
そんなことは日常茶飯事で、最後の最後まで色々と想定しなければなりません。

それでもいわゆる“想定外”も起こるのですが、ろくに努力をされない方々まで
“想定外”というお言葉を安易には使ってほしくないものですが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2012-10-07 22:53 | ウラを読み解く?