PM2.5を騒ぐけれども…

にわかにPM2.5による大気汚染が騒がしくなっています。

連日、中国 北京のスモッグ煙る光景が映像で配信されています。

そして、中国から偏西風に乗ってPM2.5が日本に飛来して深刻な大気汚染に…

とうとう福岡では警報が発せられる事態に…

今、日本はそれに比べれば青空が広がっています。

40年前によく聞いたスモッグという言葉も最近はあまり聞きません。

ところが昭和40年代の高度成長時代の日本の大都市は
今の北京と変わらないくらいのスモッグで覆われていました。

四日市の公害ぜんそくや大阪の西淀川の公害訴訟など
社会科で習うような公害があったのです。

実際、西淀川の出来島団地に住んでいた方のお話しを
以前お伺いしたことがありますが、屋外に洗濯を干すことはままならず、
10m先の信号機はぼんやり、外出にはマスクは不可欠だったとか。

先日、報道番組でも拝見しましたが、大阪府立大学の先生が
昭和49年に観測していた頃はフィルターはPM2.5で一面真っ黒、
それに対して、今は芥子粒みたいなものが散在している程度。

昔、堺市に住んでいた頃は堺の臨海工業地帯の三井東圧化学の
煙突からもくもくと上がる噴煙が堺市内を覆い、大阪府立大学のある
中百舌鳥キャンパスにも飛んでいたのです。

日本も高度成長と引き換えに多くの公害で犠牲者が出た歴史があります。

日本はその公害からきれいな青空を技術革新で取り戻していったのです。

事実、東京都内から富士山が見える日数が100日を超え、50年間で5倍になっている報道もあります。

大気すっきり富士くっきり 都内から見える日数5倍に…記事はココをクリック!

中国に対しても、日本はその教訓から学んだ多くのことを情報発信をすべきです。

まさに情けは人のためならず!偏西風が偏東風にもならない限り、
中国の大気汚染は日本の大気汚染につながります。

中国にとっては少々人間が死んでもビクともしないと思っているかもしれませんが、
一人っ子政策で、そのうち大気汚染で身体を病んだ世代が働き盛りに増加すれば、
医療費の増大と労働生産力の一気の低下を招くことになります。

中国の指導者に日本の指導者がしっかりとそれこそ戦略的互恵関係に
したがってきっちりと議論し、速やかに行動に移すべきことを説得すべきでは…(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-02-24 09:04 | 社会問題