お彼岸とぼたもち

今日17日はお彼岸の入りです。

お彼岸といえば、ぼたもち!

春はぼたもち、秋はおはぎ。

青のりやごまなど色々ありますが、やはり定番は小豆のあんこときな粉。

e0009772_21555758.jpg


以前はデパ地下でもお彼岸にはどこも春はぼたもち、秋はおはぎだったのが
昨今ではすっかり姿を消して、草団子やあんころ餅など方向性が変わってきている。

なかにはあんこのおはぎにも、きな粉のおはぎにも、その他全てのおはぎにも
青じそ入りなんてものもある。

創意工夫だと言えばそれまで、おいしいとおっしゃられる方がいらっしゃればそれまで…

でも、個人的に申し上げれば、それは邪道でしょ!と言いたくなる。

時代の流れより、やっぱり定番は定番、何でもかんでも変えればいいというものでもなかろう。

そういえば、今年の3月3日の雛祭りにひし餅を神棚にお供えしようとしたら、
どこを探しても見つからない。

代わりにスーパーではもち粉を使った三色の花見団子を盛んに販売しておられた。

またひどいことに、形はひし餅であっても、ただ三色団子をひし型にして
“ひし餅”と称して販売しているところもあった。

確かに3月3日に売れ残ったひし餅はまさに夏炉冬扇、まったくの廃棄処分。

花見団子ならその後も売れる!

でもそりゃないだろう!と考える人間は少ないのかもしれない。

なんか世の中、少しずつ間違った方向に歩み出してはいないだろうか…(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-03-17 21:56 | 食育&地産地消