商店街活性化の超ローカルマンガ。芦屋四姉妹物語

関西の高級住宅街で有名な兵庫県芦屋市   

その芦屋市内の商店街活性化の超ローカルマンガ、それが芦屋四姉妹物語 

詳しい内容はココをクリック!

芦屋市内の商店活性化のため芦屋市商工会と神戸芸術工科大学の産業連携事業として
企画した超ローカルマンガ

キャラクターの元ネタは、神戸市ゆかりの谷崎潤一郎著の細雪に登場する四姉妹。

また、ストーリーは「座敷童」の四姉妹が実存の商店街のお店に棲みついて集客に奮闘する内容。

マンガ原作・監修は同学の先端芸術学部大塚英志教授が担当し教え子らが協力


地域おこしといえば、今やゆるキャラが脚光を浴びていますが、ストーリー性も必要。

無味乾燥な文章が並んだPR誌や広報誌よりもマンガの方がストーリー性を
訴えやすいし、年齢のストライクゾーンも広くつかむことが可能です。

もっともマンガのイラストのインパクトやストーリーがしっかりしていることが前提ですが…

たぶん、ゆるキャラの次は地域発ローカルマンガの流れが来るように感じています(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-06-28 19:03 | まちおこし