明治19年生まれのメレンゲ菓子

岐阜にある奈良屋本店の名物商品に“雪たる満”というお菓子があります。

e0009772_0303091.jpg


材料は卵白とザラメで作ったシンプルなメレンゲのお菓子!

e0009772_0312378.jpg


至ってシンプルなのですが、それが実に美味しいのです。

紅茶、日本茶、コーヒーのすべてに合うのだから不思議なくらい。

メレンゲのお菓子って結構洋風のイメージがあるのですが、
“雪たる満”の姿かたちはどちらかといえば和菓子そのもの。

ホームページの由来を引用しますが、なんと生まれたのは明治19年

『雪たる満』は、明治19年(1886年)、3代目 山田留次郎は、砂糖に卵の卵白を使用して
菓子を製造する事を思いつき、苦心、研究の結果「雪のように白く、その味は甘く、
雪のような口どけ」の種を作り上げる事に成功しました。
それを『雪たる満』と銘名しました。

“雪たる満”は明治の御世に生まれ、卵白と砂糖だけを材料として作られたものです。


そして後に昭憲皇大后に“雪たる満”を献上したところ、皇大后が殊の外御気に
召され、「鳥の形に作ってみたら」とのお言葉をいただいて生まれたのが都鳥

e0009772_032825.jpg


それぞれの由来はココをクリックしてご覧下さい!

e0009772_0325478.jpg


このお菓子、何か木型に入れて製造されているのかなあ?と思っていたら…

なんと1個ずつ手絞りなんだそうです。

完全な手しぼりなので、世界にたった一つ(同じ形のものがない)しかない商品で、二度と同じものはできないとか…

見た目も材料も至ってシンプルなのですが、シンプルなものほど奥深い歴史と味わいがあるものなのですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-07-21 08:58 | おすすめスイーツ