農業生産者も予想できない異常気象

ここ数年の気象は本当に異常です!

少雨干ばつで貯水率が問題になったり、猛暑が続く地域もあれば、
ゲリラ的豪雨で鉄道の橋脚が流されたりと甚大な被害も出ています。

今日の関東地方の竜巻や突風もひどいものです。

被害に合われた皆さんには心よりお見舞いを申し上げます。

ニュースで被害を受けた方々のインタビューをお伺いしていても…

長い人生でこんなことは初めて…

ということは予想がつかないことばかりなのです。

しかも一寸先が分からないことばかり…

これは生産者の方々のお話しをお伺いしていても同じようなことが多い。

りんごで言えば、春の凍霜害で表皮にサビが出てしまったり、猛暑で日焼け障害果が多発…

e0009772_19242372.jpg


幸水なしは春の凍霜害で表皮にサビが出てしまった一方で、高温小雨だったので、糖度が高いとか…

e0009772_19254584.jpg


徳島名産のすだちも少雨でどうなるか?と思ったところ、8月後半の待望の雨で一転して上々の出来になったり…

柚子の産地を回っておられる方にお話しをお伺いしましたが、水不足で柚子の樹木が枯れる被害もあるとか…

野菜の生産者もここ数年の異常気象で苗を植えなおすことも…

長年農業に携わってこられた方も新進の若手農業者もまったく天候は読めないので困っているとか…

野球と同じで最後の下駄を履くまで分からない…何事もそんな状況に振り回されているような気がします(ペコリ)
by mitsuketai | 2013-09-02 19:25 | 野菜のソムリエ